借り入れ・返済 PR

SNSの個人間融資は安全?本当に貸してくれる優良業者はどこ?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ここ最近、問題になっているSNSによる個人間融資。

「#個人間融資」「#お金かします」などのハッシュタグをつけて投稿したり
「個人間融資」をそのままアカウント名にしてお金を貸し付ける行為が急増しています。

審査なしで貸し付けてもらえるとかマジ神じゃない?優良な業者があるなら知りたい

このように考えている方も多いでしょう。しかしちょっと待った!
正規の業者のように審査もなく、金融ブラックでどこからも借りられない人には、天の助けとも見えてしまう個人間融資ですがその実態はどうなのでしょうか。

結論、個人間融資はほぼ闇金です。

個人間融資はとにかく闇すぎて危険なので、安全に借りるなら正規業者を利用したほうが賢明です。

SNSの個人間融資の実態!優良業者はどこ?

SNS個人間融資は、TwitterやInstagramなどのSNSを通じて個人間でお金を貸し借りする行為のことです。

以下のようなハッシュタグで検索すると、大量の投稿がヒットします。

#お金かします
#個人間融資
#即日融資

個人間融資の実態はヤミ金だったり、本当に個人だったり様々ですが、1つだけはっきりしているのは、優良業者なんていないということです。

見ず知らずの人に無償でお金を貸す人はいません。個人間融資を持ちかけるのは、高額な利息で儲けたり、詐欺で騙したりするのが目的です。

個人間融資はそもそも違法

個人間融資はそもそも貸金業法違反に抵触する恐れがある行為です。金融庁のHPでも、以下のような記載があります。

個人であっても、反復継続する意思をもって金銭の貸付けを行うことは、貸金業に該当します。」不特定多数が閲覧可能なSNS等で「お金を貸します」、「融資します」などと書き込んで、契約の締結を勧めることは、貸金業法の規定に抵触する場合があります。
引用:金融庁「SNS等を利用した「個人間融資」にご注意ください!」より

このように、まず金銭を貸し付ける行為は、貸金業法に触れる可能性が高いです。
貸金業を営む場合は、国や都道府県に届出をして許可を得る必要があります。しかし、個人間融資はあくまでも個人を装っているため、当然許可なんて得ません。

届出をせず営業している場合は、「闇金」です。

不特定多数が閲覧する場所に「お金かします」「融資可能」と書き込む行為は
貸金業法でも規制されています。

貸金業法 第十一条

第三条第一項の登録を受けない者は、貸金業を営んではならない

2 第三条第一項の登録を受けない者は、次に掲げる行為をしてはならない。

一 貸金業を営む旨の表示又は広告をすること。

二 貸金業を営む目的をもつて、貸付けの契約の締結について勧誘をすること

引用:電子政府の総合窓口e-COV 貸金業法より

無登録で営業した場合の罰則は、

  • 無登録営業:10年以下の懲役若しくは3000万円以下の罰金
  • 無登録で勧誘:2年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金

このように、SNSによる個人融資の実態は、悪質な闇金業者が形態を変えたものです。実態は、個人ではなく闇金である可能性が高いため、犯罪やトラブルに巻き込まれるリスクが大きいです。

また、国の登録を受けない業者は高金利が一般的です。

一度借りると、一括返済しない限り雪だるま式に借金が膨らみます。

金融庁や警視庁も警戒している問題なので絶対に関わってはいけません。

闇金は危ないと誰もが知ってるはずだけど、SNSだとその警戒心も緩んでしまう。相手も匿名ならこっちも匿名なので、ついガードが甘くなってしまうんだよね。

「個人融資」と検索すると「サスケ」「くじら」などの業者名がヒットしますが、高利貸しなので要注意です。

個人間融資の実態

とある掲示板の個人間融資の実態をチェックしてみましょう。

まずは借りたい人の投稿

アルバイトを辞めさせられて困っています。月2万円ずつ返済しますのでどなたか助けてください。
希望返済:分割
希望額:20万円

支払いが間に合わず本当に困っています。今日中に借りられる方どうかお願いします。返済は月3万で考えています。
希望返済:分割
希望額:30万

↑Twitterで「#個人融資」「#お金に困っています」などで検索すると、上記のような投稿がズラーッとヒットします。
危ない個人間融資に、これだけの数の人が乗っかろうとしてるなんて、「貸して欲しい人」の裏側も、実は詐欺なんじゃないかと疑ってしまうほどです。

続いて、貸す側の投稿もチェックしてみましょう!

よしお
よしお
都道府県:茨城県
融資可能額:100万円
融資条件・詳細コメント:
困ってる方連絡ください。
融資条件は女性のみ、対面渡しです。
融資額や利息、期間等はお互い無理のないよう話し合って決めましょう。
できるだけ早く会える方優先します。

融資条件女性のみって…。これは明らかに体目的ですね。

ミッキー
ミッキー
都道府県:山口県
融資可能額:30万円
融資条件・詳細コメント:
様々なお金の悩みに相談のります。初回10万から融資可能です。
お金の関係以外求めません。身分証明が出せる方のみ対応可です。

万が一このような相手に身分証を開示してしまったら、個人情報を元に強請られる危険性があります。

相手が誰だかわからないのに、こんなに多くの貸し借り投稿がされているなんて、本当に怖いことです。

女子を狙ったひととき融資マジで危ない

2019年6月、大阪府千早赤坂村役場の職員(36)が
出資法違反(超高金利)貸金業法違反で逮捕されたニュースを知っていますか?

この男性は2016年から2019年2月にかけて、
貸金業の登録なく20代と40代の女性に計26万円を貸し付けた上、
法定金利を7倍以上超える81万円の利息を支払わせたそうです。
参照:産経WEST

貸し付けるきっかけは、ネット掲示板。
お金を貸して欲しいと書き込んだ女性をターゲットにしました。

この男性の融資条件が「肉体関係」を結ぶこと。これがひととき融資というものです。お金を貸すときに条件を提示し、了承すればホテルへ。その後現金を融資する手口。人の弱みに付け込んだ最低な行為ですよね。

しかも、体の関係だけではなく利息はかなり法外!ちゃっかり利息も請求するので、タチが悪すぎます。
もちろん高額な金利を毎月の払えるわけもない。
そうなると、その金利をジャンプするために、また肉体関係に応じなければならないのです。
断ると借金に五千円を上乗せしていたというから悪質極まりないです。

SNS上で知り合った見ず知らずの男性からお金を借りるかわりに肉体関係を結ぶ。
どんな相手かもわからず会うのも危ないのに、二人っきりになるってリスクしかないです。

お金を借りて弱みを握られ続けるひととき詐欺は、マジでやばいので、女子はひっかからないようにしてください。

闇金・個人融資のトラブルに悩んだらアース法律事務所

個人間融資が招くトラブル

個人間融資ってメリットゼロ。
「絶対に手を出しちゃダメ」
そう思わせるトラブルを5つご紹介します。

①先振り込み詐欺

信用を得るために、融資を受ける金額の10%を先に振り込めば貸してくれると言ったのに、振り込んだ後連絡が途絶えてしまいました。

最近もっとも増えているのがこの「先振り込み詐欺」。
手口はこうです。

  • お金が必要なターゲットの話を親身に聞き、信用させる。
  • 貸す側にもリスクがあるから、取引の信用を得るために貸し付ける金額の10%を入金させる。
  • 入金後、連絡は途絶え返金もされない

SNS個人間融資の場合、先に振り込みさせる金額は数千から数万円。
2500円くらいの場合もあります。

金額が少なければ騙された自分が悪いと、泣き寝入りする人も多い。
保証金という名目で入金させる場合もあるので要注意です。

②目ん玉飛び出るほど利息が高い

生活費に困り、カードローンも滞納ぎみ。
もうどこの審査も通らない状況で個人間融資を利用しました。

そう語るこの女性は、ツイッターのSNSを通じて知りあった人に直接会って15万円を借りました。その後、何度かやり取りがしながら利息を含めて40万円ほど返済してきたが、相手は納得せず200万円要求。

運転免許証のコピーを取られ、実家・会社も知られている状態なので、気が気じゃありません。

だんだん威圧的な態度をとる業者が実は闇金だったと知ってももう遅いです。
返済できないことから、嫌がらせが始まり恐怖を感じて眠れない日々を過ごすことになります。

このようなことは、個人間融資では珍しくありません。
そもそも正規で営業していない時点で法定金利を守るわけもなく、超高い。

警察へ相談すればいいのですが、そうさせないよう巧みにさまざまな罠を仕掛けてくるのでかなりの恐怖です。

③断ったのに振り込んでくる「押し貸し」

生活費が足りず3万円の融資をお願いしました。でもその後怖くなって断ったら「もう2万振り込んだから1週間後5万円で返済しろ」と。個人情報も口座情報も教えてしまい主人にも話せずにいます。

これは闇金の押し貸しという手口です。
断ったにもかかわらず、勝手に口座へ入金してきて法外な利息を取る。
個人情報も闇金の中で回される可能性もありますし、脅される材料にもなります。

④利息を免除する代わりに…

示板を通じて10万円借りました。月2万で返す約束でしたが、返済日に利息を法外な求められ、払えないというと風俗店で働くよう強要されました。

個人間融資のターゲットが女性の場合、ひととき融資のようなものから、裸や下着姿の写真を求められる・風俗店へ売られるなど普通では考えられないような状況に陥ることもあります。

提出した身分証明書をチラつかせ脅されるため、わずか10万円のために自分を犠牲にするケースも少なくありません。

なんども言いますがこのような行為は違法なので、被害にあったらまず弁護士に相談しましょう。警察ももちろん相談先の1つですが、民事で動いてもらえないケースも多いため、弁護士がおすすめです。

闇金・個人融資のトラブルに悩んだらアース法律事務所

SNS個人融資で危険なハッシュタグ

個人間融資を示す、危ないハッシュタグをまとめます。
一見、「お金持ちがお金を配っている」的なノリに見えるアカウントも
めくればただの詐欺グループか闇金なので、近づかないように。

元ゾゾタウン社長や青汁王子のように、SNSで本当にお金を配る人もいますが、それ以外ほとんどが怪しいので要注意です。

危ないハッシュタグ

#個人間 #個人間融資 #お金かします #保証金なし #先ふりなし #無担保  #個人情報提出なし #完済止めなし #即金 #借りパク #プレゼント企画 #お金あげます #資金調達 #金策 

中には「ダメ絶対!個人間融資は違法」って投稿をしながらブログに誘導し、別の詐欺を働くグループもいます。

最近は闇金や半グレの手口が巧妙化していますので、これらのハッシュタグには関わらないようにするのが一番です。

個人間融資にひっかかってしまった場合の対処法

すでに個人間融資の被害に遭ってしまったら、落ち着いて状況を確認しましょう。

  • いくら借りたか
  • いくら返したか
  • 先ふり込み詐欺か?
  • ひととき融資か?
  • 個人情報は何を渡したか?
  • どんな話をしたか…
  • どんな被害にあったか

すべて紙に書いて、警察に相談しましょう。
たとえ民事不介入だと言われても、相談してください。

そして、闇金に立ち向かうには「弁護士」に介入してもらう方法をとりましょう。

民事不介入で動いてくれなかった警察が弁護士や司法書士に相談しろっていうからその通りにしたら、法律家が介入した途端静かになった。法律家は本当に頼りになると心から思った瞬間でした。

闇金・個人融資のトラブルに悩んだらアース法律事務所

借金つらい!個人間融資に頼る前にできること

冷静に考えるとかなりやばいとわかる「個人間融資」ですが、被害件数は増加の一途をたどっています。

被害に遭うのは、日々の生活が苦しく何らかの借金を抱えている人が多い。
返済期日が迫っているのに、手元に現金がないとなれば焦って、
慎重な行動が取れなくなるのです。

しかし、この記事でも説明した通り個人間融資はヤバさが深刻です。
モロ闇金!
手を出したら最後、今よりも最悪な地獄を見ることになるかもしれません。

借金の返済が辛くなったら個人間融資に頼るのではなく、
弁護士に相談しましょう。

債務整理はあなたを救うために国が用意した救済手段

借金問題は必ず解決します。
なぜなら、日本では任意整理や自己破産など、
法律が認めた借金を整理する方法が用意されているからです。

借金を抱えこのまま苦しい生活を送るか、借金を債務整理で整理して、再出発する方を取るか。

選ぶのはあなた次第ですが、情報が何もないままでは判断できませんよね。

そんな時は、自分の借金問題をどうすれば解決できるか
弁護士に直接聞ける無料相談を利用しましょう。

闇金・個人融資のトラブルに悩んだらアース法律事務所

匿名&無料で専門家の意見を聞ける「無料相談」は得することはあっても損は一切ありません。

個人間融資でドツボにはまる前に早めに相談してみましょう。