債務整理 PR

【体験談】20代で自己破産しければよかった、後悔する?破産した末路と費用解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

人生の苦難や経済的な困難に直面した場合、自己破産という選択肢が考えられることもあります。しかし、20代で自己破産をすることは簡単な決断ではありませんよね。かくゆう私も20代で自己破産したひとりです。

ただ、結論として自己破産して後悔したことはありません。20代はまだ若く、やり直しが効きます。自己破産は国が認めた制度です。1日でも早く、今の苦しい現状から抜け出すために用意されているものなのです。

この記事では、実際に自己破産を経験した私が体験談を元に、自己破産のメリットとデメリット、そして後悔するかどうかという疑問について解説していきます。

また、自己破産をすることでどのような末路が待ち受けているのか、そしてかかる費用についても紹介します。自己破産を迷っている20代の方々にとって、この記事が役立つ情報源となることを願っています。

20代で自己破産すると後悔する?破産した私の末路

自己破産するとどうなるのか、不安に思う方も多いでしょう。

私が自己破産をして、どうなったかというと…

それまで抱えていた借金のプレッシャー、将来への不安が解消され、精神的にも経済的にも楽になりました。確かにブラック入りするというペナルティは受けましたが、それ以上に借金の返済を免責されたのは大きなメリットです。

一言でお伝えすると、借金の重圧から解放されて、楽になりました。デメリットはありますが、それ以上にメリットのほうが大きいので、私は自己破産して本当に良かったと思っています。

自己破産は法律が認めた最終的な救済手段

自己破産は、多額の借金を抱えてどうしようもなくなった人に人生をやり直す機会を与えるために用意された最終的な救済手段です。

自己破産を申し立て、裁判所から免責許可決定を受けると借金が免除され、返済地獄の日々から解放されます。

法的にも認められた手続きなので、「借金の返済が苦しい」と思ったら、まずは専門家に相談してほしいと思います。

自己破産の無料相談ならアース法律事務所の無料相談

20代で自己破産は後悔する?破産するデメリットと費用は?

20代で自己破産の主なデメリットは、以下の3つです。

  1. 信用情報に事故情報が載る(ブラックリスト入り)
  2. 弁護士費用がかかる
  3. 官報に名前が載る

①の信用情報に登録される期間は約10年。
この間はクレジットカードが作れなので、現金払いオンリーとなります。
車やマンションのローン審査、子供の奨学金などの保証人審査も通りません。

とはいえ、自己破産しなくても借金で首が回らない状態は、ローン審査に通りません。返済に遅れるのも時間の問題だったので、自己破産しなくても、ブラック入りしたと思います。
それなら、正規の手続きを踏んで前向きに借金を整理したほうがいいと弁護士さんにも言われました。

②の弁護士費用は、私の場合40万円ほどかかりました。ただ、700万円がなくなったので、40万の費用がかかることは、まったくデメリットに感じませんでした。

一括で払えない場合、分割でも可能と言われましたので、今すぐお金が用意できない方でも交渉可能です。

そして、③官報に載るですが、自己破産を申し立ててから確かに官報に載りました。
しかし、官報なんて誰も読まないのでまったく気づかれませんでした。

自分の名前でネット検索したら官報の内容が出てきて一定期間、破産申立の事実がネット上に載ってましたが、すぐに消えていました。

有名人じゃない限り、漢字フルネームで検索されることなんてそうそうありませんからね。
そしていつの間にか消えているので、今では私が話さない限り誰にも知られることはありません。

ちなみに不安な方は、官報を見てみるといいと思います。毎日すごい人数の方が破産していますので、その中にあなたが含まれていてもよほどのことがない限り見つけるのは困難です。

官報は国立印刷局のHPでチェックできます。

20代で自己破産!デメリットがその後の生活に響くケースとは?

20代、特殊な仕事をしていたわけではない、ただの一般人だった私は、自己破産のデメリットがその後の生活に響くことはほとんどありませんでした。
(カードが作れないのが辛いってくらい)

しかし、家を所有している人などは破産手続きによって失ってしまう可能性がありますし、財産がある場合は、処分しなければなりません。
(現金の場合手元に99万円までは残せる)

また、弁護士や公認会計士、司法書士などの士業や古物商・質屋、生命保険募集員、警備員など幾つかの職業は公法上の資格制限により免責が下りるまで仕事ができません。

資格制限される期間は自己破産を申し立ててから、免責が下りるまで。免責許可決定でたら復帰できます。

ただ、処分する財産が不安な場合も弁護士に相談すると、解決策を教えてくれます。状況に合わせたアドバイスをもらえるので、「家を処分したくないから自己破産は無理」と判断せず、無料相談を利用して選択肢がないか確認してみてください。

自己破産の無料相談ならアース法律事務所

20代で自己破産したらどうなる?私が後悔したこと

20代で自己破産して後悔したことは…本当に1つもありません。
むしろ、もっと早くしていればよかった。

元彼が借金から逃げて、保証人の私に請求が来た時点で破産していれば、クレジットカードのリボで生活費をまかなったり、新たなカードローンを組んで支払いに回したり
水商売で体を壊したりすることもなかった。

なんとか借金を返済しようと3年間もがき苦しんで、ようやく解放された時には29歳でした。
もっと早く、債務整理していれば26歳くらいには解決していたはず。


この3年間は大きいです。

だから伝えたい。今借金に悩んで「もうどうしようもない」と思ったら、1日でも早く弁護士に相談してください。

債務整理するかしないかは後で考えればいいことで、解決策をいくつか知っておくだけでも気持ちが楽になるはずです。

自己破産しなければよかったとは思わないけど

私は自己破産して、人生をやり直せることができたので自己破産したことを後悔することはありません。

しかし、10年経った今でも自己破産の事実は夫や親以外、誰にも話していません。

やっぱり自己破産のイメージは良くないですし恥ずかしいと言う思いも正直あります。

私は借金を支払わなかった…。
借りたお金を返さなかった…。
安易に保証人になった私が悪いのに…。

そんな罪悪感に苛まれることがあります。
だからこそ、同じ過ちを犯さないように、堅実に生きています。

自己破産したらどうなる?その末路、私が良かったと思うこと


自己破産良かったことは1つだけ。
抱えていた借金がなくなったことです。
もう、これしかない。これに尽きる。

実際には借金がなくなったのではなく、支払いが免除されたのですが、毎日、毎日、取り立てや催促に怯える日々から解放されました。

当時は、支払いができず「どうしよう・・・どうしよう・・・」と、常に吐き気や頭痛に襲われ頭に円形脱毛症が何個もできていました。

しかし、弁護士に相談した日から、将来への一筋の光が見え精神状態が劇的に変わりました。

自己破産した人に対して、世間のイメージがどういうものかよくわかっています。
10年はブラックリスト入り。氏名と住所が官報に載ることも説明を受けました。

だけど、私の状況は、そのデメリットより、借金の支払いから解放されるメリットの方が勝っていたのです。

20代だったから人生のやり直しも早かった

自己破産すれば、7年から10年は新たなローンを組むことができません。
29歳で免責許可が下りて、現在40歳の私がブラックリストから抜けたのは39歳でした。

ぴったり10年経った時、試しに申し込んでみたクレジットカードの審査に通りました。

これでようやく人生のやり直しを許されたような気分になりました。
クレジットカードは所有していますが、限度額を10万円にしています。

10年前、自己破産せず、あのままずるずると利息だけ払い続ける生活を続けていたら、生活の再建を図る時期ももっと遅くなったと思います。

借金がなくなっていたので、自己破産した事実を伝えても私の場合は結婚には何の支障もありませんでした。

ちなみに、結婚後に性が変わることで自己破産してもローンが組めるようになるという
話をよく聞きますが

全くの嘘です。

結婚して性が変わっても、
自分の個人情報がまっさらになることはありません。

まとめ

自己破産をするということは、簡単ではありません。
だけど、払えない借金で悩み続けても前に進めないことは事実です。

この記事のまとめ
  • 自己破産で後悔したことはない
  • 自己破産のデメリットより借金苦でいるほうが苦しかった
  • 職業によっては自己破産してその後の生活に不利益がある場合もあるので注意
  • 20代の私には自己破産の不利益は少なかった
  • 借金には必ず解決方法がある

借金問題が全て自己破産で解決するわけではありません。
自己破産しなくてもいい方法も国が用意してくれています。
債務整理は国が用意した素晴らしい法律です。

もし、あなたが今借金が辛くてしんどいなら、一人で悩まずに、すぐに法律家に相談してください。

借金問題は必ず解決します。

自己破産の無料相談ならアース法律事務所