借り入れ・返済 PR

クレジットカードが払えない!分割交渉できる?支払いができない時の解決策4つ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ここ最近、会社の倒産や休業、業務縮小などで仕事を失ったり収入が激減し、カードの支払いに困っている人が急増しています。

3月から出勤日が徐々に減り収入激減。キャッシングでなんとか回してきたけど5月以降収入なくなりカードの支払い絶対無理。

コロナの影響で勤めていた居酒屋が閉店。生活もままならない中、カードの支払いまで考えられません。

このような状況に陥って困っている人も多いでしょう。

そこで、この記事では新型コロナウイルスの影響で収入が減り
クレジットカードの支払いができない状態の今、すぐにできる解決策をまとめました。

支払いができなくなった状況では焦りますし、先の見通もつかない様々な不安が頭をよぎるとおもいますが、落ち着いて解決策を実行していきましょう。

解決策1:家賃・光熱費など他の支払いを遅らせる

クレジットカードの支払いが厳しいときは、光熱費など公共料金や家賃の支払いを先延ばししたり、分割にしましょう。

家賃は2カ月を過ぎなければ、待ってもらえるところも多くみられます。また、水道・ガスなどの公共料金は2カ月ほどは、支払いを猶予してくれます。

同じく携帯電話のドコモやKDDIも電話料金を期限までに支払うことができない利用者に対して、支払い延長や猶予期間を設けています。

家賃や公共料金の支払いを先延ばしすれば、カードの支払いができるかもしれませんので、
確認してみましょう。

ただし、家賃も公共料金も携帯電話も全て、事情を話し申請する必要があるため、必ず遅れる旨を連絡しましょう。

解決策2:クレジットカードの支払い方法を変更する

多くのクレジットカード会社が、1回払いの支払いを後からリボや分割に変更できます。

変更方法は電話かWEBサイトから可能で、カード会社が設定している期限内であればいつでも変更できます。

リボ払いの金利はとても高く、本来ならあまりお勧めできないのですがリボに変更して完済の目処がたつ方は利用しましょう。

リボ払いは利息がかなり高くなります。状況が改善し、収入が安定したら繰上げ返済をして早めに完済を目指しましょう。

解決策3:クレジットカード会社に相談する

返済が遅れることに対し、クレジットカード会社も相談窓口を設置しています。

例えば、新型コロナの影響があった際には、エポスカードはこのように通知しています。

このたびの新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様、感染拡大により生活に影響を受けられた皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。
弊社では罹患および影響を受けられた会員の皆様からのご利用代金に関するお問い合わせやご相談を承っております。
ご不便やお困りの事がございましたら、下記へお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

引用:エポスカードHP

返済回数の変更や期限の延長などをカード会社に相談すれば、月の負担額が減り、なんとか支払いができる状態になるかもしれません。
また、交渉次第では、支払い期限を1〜3ヶ月ほど延長してもらうこともできるかもしれません。

ただし、相談したからといって、支払いは延滞の状態ですのでブラックにはならないにしても、支払うまでクレジットカードの利用を制限される場合があります。

クレジットカードの支払い延長どこに相談すればいい?

基本的には、お持ちのクレジットカードの裏面にある連絡先に電話すればオッケーです。

以下に主要クレジットカードの問い合わせ先を
まとめておきます。

楽天カード

楽天カードは会員に対しコンタクトセンターで相談を受け付けています。

<お問い合わせ窓口>
■カード会員様:コンタクトセンター(営業時間:9:30~17:30)
0570-66-6910(有料)
上記電話番号がご利用いただけない場合
092-303-7188(有料)または 092-474-6287(有料)

■加盟店様:加盟店サポートセンター
受付時間 9:15~20:00/土、日、祝日 10:00~18:00
0570-07-6910(有料)

※その他の各種お問い合わせやカード盗難・紛失などの窓口は通常どおり営業しております
https://www.rakuten-card.co.jp/support/contact/

エポスカード

エポスカードの問い合わせ先は以下の通りです。

  • 東京: 03‐3383‐0101
  • 大阪: 06‐6630‐0101

エポスカスタマーセンター:お問い合わせ

セゾンカード

クレディセゾンの問い合わせ先はカード裏面に記載のインフォメンションセンターです。

電話番号:0570-064-133

時間帯によってはかなり混み合っていますので繋がるまでかなりの時間を要します。
時間に余裕を持って連絡しましょう。

セゾンカード:お問い合わせ

ジャックスカード

ジャックスカードも方専用の窓口を設置しています。

お問い合わせ先
ジャックス・カスタマーセンター
電話番号:東京 0570-002277
     大阪 0570-005599
受付時間:9:30~17:30/平日

ジャックスカード:お問い合わせ

アプラス

新生銀行グループのアプラスでも支払いに関する相談を受け付けています。

弊社では罹患および影響を受けられたお客さまからのお問合わせ、ご相談を承っております。お困りのことがございましたら、以下までお問合わせください。

◇お問い合わせ先
株式会社アプラス 0570-008-789(有料)
[受付時間]9:30~17:30(日祝休)
※0570(ナビダイヤル)は有料です。
※国際電話、IP電話をご利用の場合は、03-5819-5870または06-6368-7254へおかけください。
※電話番号は、お間違いのないようにお願いいたします。

株式会社アプラスパーソナルローン
0570-089-777(有料)
[受付時間]9:30~17:30(土日祝休)
※0570(ナビダイヤル)は有料です。
※お電話の際は、もう一度電話番号を確認し、おかけ間違いのないようご注意ください。

引用:アプラス

ここ最近は各クレジットカード会社は窓口業務を縮小しており問い合わせ窓口がかなり混み合っています。

そして今後も相談件数の増加が予想されます。電話はさらに繋がりにくくなるはずですので、早めに相談してください。

楽天カードとか全然繋がりませんよね。ちなみに、エポスカードの問い合わせは午前中かなり混雑していて、繋がるまで10分ほどかかりました。

解決策4:先の見通しがたたない時は弁護士の無料相談を利用してみる

最近また、新型コロナウイルスで経済的にダメージを受けた企業が、大きな負債を抱え、倒産するケースが増えてきました。この先どうなるのか、不安な方も多いでしょう。

リボや一時的な支払い延長をしても先が見えずカードや借金の支払いが難しい場合は、一部の借り入れ先だけ、支払い回数・期間の延長や利息カットを交渉できる任意整理という方法もあります。

支払いに不安を覚える方が激増している今、借金問題を抱える方に向けて多くの弁護士事務所で無料相談を受け付けています。

しかもオンライン面談や電話で相談できるため、初めてでもハードルは低いでしょう。

借金の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

弁護士に依頼すれば催促・返済ストップする

任意整理は弁護士に依頼する債務整理の1つですが、自己破産と違い、財産を処分する必要もなく一部の借金だけを整理する方法です。

しかも、任意整理なら同居家族の収支など提出する必要がないため家族に内緒で借金整理できます。

債務整理の手続き中は、弁護士が介入することで催促も返済もストップ。支払いからのプレッシャーから逃れることができます。

任意整理の手続きには早くて2、3か月ほどかかりますので、その間に生活のを立て直すことができるかもしれません。

債務整理の方法は、任意整理の他に、個人再生や自己破産などがありあなたの抱えている借金額や収入の状況によって、最適な方法を選ぶ必要があります。

そのために用意されているのが弁護士事務所の無料相談です。

無料で相談したからといって、必ず依頼する必要もなく、まずは今の自分の状況を専門家に診てもらうことが先決です

一人で抱え込み、自転車操業的に支払いと借り入れを繰り返していてもジワジワと利息がかさみ、借金が増える一方なので、「もう無理かも」と思った時点で相談することをおすすめします。

債務整理を無料相談できる弁護士事務所おすすめ

債務整理を匿名で無料相談できる弁護士事務所の相談先と特徴をまとめました。
メールやチャット形式・電話など、事務所によって方法は様々ですが以下の弁護士事務所は基本的に初回相談無料です。

アース法律事務所:専用フォームから無料相談

元裁判官という経歴を持つ弁護士が在籍する
アース法律事務所は専用フォームから相談可能です。
(事務所は東京都港区新橋)

  • 全国対応可能
  • 24時間365日相談可能
  • 元裁判官の弁護士が在籍
  • 債務整理の実績が多い
  • 債務整理料金が安め

相談フォームはココから↓

【アース法律事務所はこちらから】

ひばり法律事務所(旧名村法律事務所):メール相談(24時間受付)

東京の錦糸町のひばり法律事務所は、東大法学部キャリア25年の弁護士が在籍する債務整理を得意とした弁護士事務所です。

  • 年間2000件の借金問題に対応
  • 相談は何度でも無料
  • 全国対応可能
  • 良心的な料金
  • 家族に内緒で任意整理

メール相談は24時間365日受け付けています。

メールで相談するとき、文章が苦手な方は、

  • 年齢・職業・収入
  • 住んでいる地域
  • 現在の借金総額や支払い状況(延滞など)
  • 家族構成
  • 困っていること

などをリストで相談するとスムーズです。

【25年以上の経験豊富な弁護士が最適な方法で解決!ひばり法律事務所】

どの弁護士事務所も遠方からの相談に慣れています。住んでいる地域の弁護士事務所に相談してもいいけど、最近はオンラインの無料相談も人気です。
出向く必要なく手続きできるので便利ですよ。

クレジットカードの支払いが苦しい時にやらない方がいいこと

さまざまな理由で支払いができなくなった今、絶対にやってはいけないのは、闇金や高い金利の業者から新たな借り入れをして支払いに充てることです。

この先この状況がいつまで続くかわかりません。

そんな中、クレジットカードや借金の支払いを新たな借金、しかも利息の高い形で借り入れして穴埋めするのは、結果的に自分の首を絞めてしまいます。

支払いを新たな借金で賄っていい条件は2ヶ月以内の確実に返済できる入金予定がある場合。

見通しが立たない状況で借金をするのは、絶対にオススメできません。

収入が減り思うように働けない状況で、支払い日が迫ると精神的にとても追い詰められますが、まずは支払いが滞りそうなものをリストアップし1つ1つ相談していきましょう。

もう無理だと思ったら、国が用意した救済措置である債務整理があります。債務整理は自己破産だけではありません。
借金には必ず打開策がありますので、一人で抱え込まず弁護士に相談してください。